放射線科では、患者様が無理のない体位で撮影ができ、短時間で安心して検査を受けることができるように日々心がけています。また、医療スタッフの一員として、患者様の毎日の生活をサポートできるように信頼性・安全性において撮影技術・専門技術の向上をはかり、医療被爆を最小限に抑え、質の高い医療技術を提供していきます。

CT撮影では、瞬時に細かく4断面(スライス)が同時に撮影できるマルチスライス技術を取り入れ、全身の断層像(輪切り)や立体像(3D)の高精度な画像を短時間で作りフィルムにすることが可能です。
X線撮影(レントゲン撮影)では、主に胸部・腹部・骨格系の撮影をCR(コンピュータラジオグラフィ)を用いて行い、短時間でフィルムにすることが可能です。

サービス付き高齢者向け住宅 はるか~悠~

ページトップへ